(特非)佐賀県CSO推進機構が次の一歩をお手伝い。
(特非)佐賀県CSO推進機構が次の一歩をお手伝い。

全国で話題のSIM2030が佐賀県で初めての開催されました

アイキャッチ画像 地域・高齢者支援事業ニュース

平成29年12月16日に佐賀県で初めて、SIM2030(シム ニーマルサンマル)が開催されました。

これまで、出張財政出前講座 with SIMふくおか2030 を開催してこられた、講師の今村さん。

今年最後の講演の地は、九州最後の未開催地の佐賀県でした。

財政出前講座1

財政出前講座

※実際にSIM2030を実施している写真につきましては、ゲームのネタバレ防止のため自粛しています。

ゲーム中は講師の今村さんに負けないくらい、熱い対話が行われていました。

 

【講師】今村 寛 氏
1991年~福岡市役所勤務。2016年3月まで、財政調整課で課長を
4年間務め、2016年4月より創業・立地推進部長を経て現在に至る。
財政課長の経験を生かし、地方自治体の財政状況をわかり易く説明する「財政出前講座」と財政シュミレーションゲーム「SIM2030」の伝道師として全国各地を奔走中

【SIM2030とは】
SIM2030は、架空都市を舞台に、
未来の自治体経営を楽しみながら体験できるゲーム型ワークショップ。

参加者がそれそれ、架空都市の部局長になり、2030年のゴールに向けて、迫り来る様々な社会問題や財政問題等の難題を、他の部局長とともに乗り越えていくもので、あなたの行政運営手腕が試されます!

ゲームのオリジナル版「SIM熊本2030」は、熊本県庁の自主活動グループ【くまもとSMILEネット】により2014年に開発され、現在、全国の各地方版が次々と生まれています。